鍵は時代の変化とともに進化してきた

時代の流れと鍵の歴史

私達の生活で鍵は当たり前の存在になっていますが、鍵にもちゃんと歴史があります。

鍵と錠に近い物が出来始めたのが、紀元前1000~300年頃のギリシャ時代です。それまで人類は今でいうお金などの財産を持っていなかったのですが、ギリシャ時代ごろに守る財産が存在していたと言われています。文面の発展によって財産がを持つようになり、それを守るものとしてエジプト錠が誕生したそうです。

この時代にはまだ金属を加工する技術はなかった為、錠といっても木や石で作られていたようですが、鍵というものはこの時代から発展してきました。それから2,000年以上たった現在では必要不可欠なものとなりました。

鍵は国によっては魔除けとして使われていた記録もあるそうです。主にヨーロッパ諸国では御まじないや占い、魔除けなど、お守り替わりに鍵が使用され、悪いことを跳ね返す意味でも鍵は使用されていたそうです。

現代の鍵の源となっているエジプト錠ですが、木製のかんぬきに革紐を結びドア等を固定した今では考えられないような簡易的なものでした。それでも鍵をしないよりはした方が財産を守る事が出来たので、廃れることなく現代に渡って進化しつづけてこれたのかもれません。

そして、ローマ時代には現代に似た金属の鍵が登場しました。金属の古代の鍵としてはウォード錠が有名です。このウォード錠から急激に鍵は発展をしていきます。突起のついた金属の錠をあるイギリス人が作成し、今の鍵に近い形になりました。この鍵の突起のことをウォードと呼ぶ為ウォード錠と呼ばれているようです。

一方日本では7~8世紀の奈良時代にアンティークキーと呼ばれるものが渡ってきたようです。形が海老のような形であることから海老錠と日本では呼ばれていました。コの字型でかんぬき式で施錠ができます。その時代の神社仏閣などで使用されていたので、実は見たことのある人もいるかもしれません。

このように発展を遂げてきた鍵も今ではスマホと連携した電子錠、顏・指紋・カードなので開錠のできるロック等が誕生し、今でも進化し続けています。石や木・皮などで作られていた鍵も時代の進歩とともにここまで進化してきました。進化だけでなく、防犯性能や寿命が長い鍵など私達の生活の中で便利な鍵がどんどん誕生しています。今後のテクノロジーやITなどの発展によっても、どんどん鍵の形は変わってくるでしょう。

しかし、鍵が私達の生活に必要不可欠なことはきっと今後も変わらないでしょう。

世界で発生している空き巣や泥棒被害がある限り、鍵は発展し続けると思うので、今後どのような鍵が誕生するのかとても楽しみです。